FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tomanan 遠征報告

 全国大会を終え、無事、部員達は元気に帰ってきました。大会中も暑さに負けることなく元気に乗り切ることができました。しかし残念ながら、上位四校に入り東京公演を果たすという当初の目標を達成することはできまず、優良賞となりました。
 審査員の何人かが語っていましたが、「非常にレベルの高い大会」だったと顧問も思います。それは昨年、日本を襲った東日本大震災という天災と人災が演劇の意味を問い返すものになったからでしょう。何回か全国大会を見ていますが、これほど人と時代や社会のかかわりを描く意志を持った感動的な大会はなかったと思います。最優秀、優秀4校のうち3校までが震災を背景にした演劇でした。しかも豊かに、面白く、誠実に描ききっていました。
 TOMANANの芝居はそこを追い越すことが出来ませんでした。全国上位の壁は相当高いと実感することができました。「恐竜れたー」の旅は終わりましたが、上演後、富山で地区大会の新しい台本の練習を開始しました。部員の自覚も高まっています。何より嬉しかったのは講評で部員達の演技力が高く評価されたことです。芝居はどんな場合でも0から始まる創造です。これからまた新しい台本、新しい演出、新しい演技で新しい舞台を創り出す旅が始まります。全国で得たものを糧にさらに前進していきます。
 この間、150万近い募金をお寄せくださった市民の皆様、壮行公演実行委員会を結成していただいた苫南同窓会、PTA・後援会、OBOG会、保護者会の皆様に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。
DSC_59871[1]■富山県民会館での上演風景
DSC00489.jpg■富山県立雄峰高校での練習風景
スポンサーサイト

TOYAMA


 8月7日から出発した富山への旅。旅そのものが目的ではなく、ステージを創るための旅。そしてたくさんの方々の温かい思いを背にした旅。
DSC00470.jpg

 心地よい緊張と期待を胸に苫小牧を立ちました。富山空港に着くと歓迎一色。のぼりがたなびく空港でまずはカシャ。(転載禁止)
DSC00473.jpg

行ってきます!

行ってきます!
さあ、明日いよいよ10時30分の飛行機で羽田を経由し富山に入ります。
TOMANAN演劇部はどんな芝居を作りあげるのか、どんなステージが待ち受けているのか、
楽しみです。
ここまで来れたのは、演劇部を支えていただいた皆様のおかげです。
ありがとうございます。さあ行ってきます。(N)

「命ぐらい・・・」(転載禁止)

ふるってご参加ください!

伝統のカーテンコール 壮行公演 伝統のカーテンコール

明日、8月3日(金)、18時30分から苫南演劇部全国大会出場記念壮行公演実行委員会の2ヶ月間に及ぶ取り組みのまとめの会議が南高校であります。
7月27日の壮行公演は400名近い市民の方々の参加で成功させることができました。不足していた遠征旅費を補う、募金活動、企業広告活動、パンフレット普及活動も部員や保護者のみならず同窓会、PTA・後援会、OBOGによって積極的に行われました。
そうした2ヶ月の取り組みのまとめの会議となります。ふるってご参加ください。

隙のないのびのびとした演技を


 TOMANANは講習や進路ガイダンスなどで集中した練習がなかなかできないでいます。しかし「恐竜れたー」の最後の詰めの段階。そこでの最大の課題は「全員が主役」ということ。登場人物全員に命があり、人生があり、呼吸をし、感情を移ろわせているということ。そこに気持ちをめぐらして欲しい、ということ。そこでは先取り演技や段取り演技、感情の消えた演技がどこにもない、隙がないけどのびのびとした舞台が求められます。頑張ろう、こうして芝居を続けていられる喜びを感じながら。
琴音お礼
(転載禁止)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。